Entries

スポンサーサイト

【大飯弾圧 控訴審】控訴棄却の不当判決、傍聴記アップしました! 不法な司法の実態、ぜひご一読を!!

2012年、梅雨。東京電力福島第一原発事故は、事故そのもの、およびその被害状況が何も収束していないにも拘らず、福井県にある関西電力大飯原発の再稼働は、暴力的に決定された。安全対策もなされないままに、である。私たちは、当然のごとく、再稼働を阻止すべく決起した。多くの仲間が結集し、大飯原発ゲート前を封鎖するに至る。悔しすぎることに、再稼働は強行された。しかし、あの日、あの場所にいたひとりひとりの決起は、今...

【大飯弾圧 控訴審判決公判】2月13日14時15分 名古屋高裁金沢支部に大結集を!!!

大飯弾圧控訴審、いきなりの判決公判が、いよいよ迫ってきました。2月13日(木)14時15分〜 名古屋高裁金沢支部新たな書証の提出も、証人申請も認めない不当すぎる司法のありようは、『茶番』どころではない惨状です。傍聴席を埋め尽くすことで、ものを考えることを忘れたかのような裁判官、『人』の心を喪ったかのような検察の現状を暴き出し、大飯の行動にこそ『義』のあることを証ましょう。2月13日、金沢に大結集を!!!...

【大飯弾圧控訴審】控訴理由書をアップしました。判決公判は2月13日14時15分〜名古屋高裁金沢支部

2013年12月5日、大飯弾圧の控訴審が始まった。が、検察も裁判官も新たな書証の提出も証人の申請も認めず、ものの3分で終了。それをもって「結審」とし、次回期日の2月13日(木)14時15分〜は、いきなりの判決公判となった。このような『再審制度』に、果たして意味はあるのか?弁護人による控訴理由書は、以下の通り。名古屋高等裁判所金沢支部御中平成25年(う)第51号被告人 川﨑 二男(罪名)器物損壊、傷害、脅迫、暴行控...

Appendix

Live!twitter

プロフィール

大飯弾圧救援

Author:大飯弾圧救援
tel:090-8043-3558

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。