Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oikyuen.blog.fc2.com/tb.php/24-37877c7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

「Kさんからの『吉岡史朗さんを偲ぶ会』へのメッセージ」

2月3日、関西大弾圧をはねかえそう全国集会のあと、昨年12月4日に急逝した、私たち「原発再稼働反対監視テント」の精神的支柱、吉岡史朗さんを偲ぶ会を開催しました。

60名を越える方にお集りいただき、吉岡さんの想いを分かち合いました。
いまも、ともにいるようです。

ご参集くださったみなさま、ありがとうございました。

当日、会場では配布しましたが、現在、福井刑務所に勾留されているKさんから「吉岡さんを偲ぶ会」へのメッセージが届きましたので、ここに記します。

つねに、ともに。


*****Kさんからのメッセージ*****

「”吉岡史朗を偲ぶ会”へのアピール」ー何か場違いなものになるかもしれません。
彼は私より年上であるし、運動の歴史も実績も圧倒的ですので、敬称を付けるべきなのかもしれません。
しかし、いつものように呼び捨てにさせていただきます。

吉岡と私が最後に会ったのは、10月2日、福井地裁での勾留開示公判です。
そこには、いま勾留中の臼田さんも来ていました。
傍聴席の最前列にいた吉岡と顔を合わせると、互いにニヤッ。
これだけで、吉岡との会話は済んだと思っています。
「外での事と救援はタノム」
「オーわかった。まかせとけ」
ーーこれはこの3ヶ月近く前に、無言のうちに約束した事の再確認だったのです。

相当昔からの事です。
その頃から二人共に今のようなスタイルだったと思います。
一般には変わり者・異端者といわれかねない存在だったのかもしれません。
吉岡が暗にかもし出すスタイルは「やるべき事をやったら、アトは何しようと誰にも文句言わせん」というような感じです。
一方、私はといえば「やるべき事もやれてないが、文句あっか?」です。

吉岡に便乗して一緒に飲み、外から見るとただのヨッパライのオッサン達だったと思います。
一緒に飲んで吉岡から何を学んだのか?と問われれば、私は自信を持って”学んだ”と言えます。
しかし、「何を?」と他人に問われると、困惑するしかないのです。
強いてわかりやすく言えば、”人間の生き方”などと書くしかない、茫洋としたものなのです。

彼もまた、明確にこの事を話したのではなく、吉岡自身の行動を話す中にニオウ感じなのです。
そして他のたくさんの事を教えてもらうより、最も大切な事を教えてもらったのだと思っています。

まあ、何か訳のわからない話になって、申し訳ありません。

もう二度と彼と一緒に飲み、話せない事は、大きな楽しみを失う悲しい事です。
今、私は吉岡の遺志を受けつぎ、たたかいを継続し、前進できるのか?
私も含め、参加者一人一人が、大きな宿題を与えられたと思っています。

吉岡の思い、志を割り引くことなく引き継げるように、みんなで力を合わせてガンバリましょう!

                  福井刑務所 川崎ニ男
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oikyuen.blog.fc2.com/tb.php/24-37877c7f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Live!twitter

プロフィール

大飯弾圧救援

Author:大飯弾圧救援
tel:090-8043-3558

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。