Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oikyuen.blog.fc2.com/tb.php/34-eaddae64

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

オキュパイ大飯公判 5月24日最終弁論◯弁護人による意見陳述詳細

オキュパイ大飯公判も、いよいよ大詰めです。
24日の最終弁論を傍聴していた方から、弁護人の意見陳述を書き取ったものを送っていただきました。

いかに検察側の立証が不十分なものであるかーーぜひご一読ください。


*****ここから転載*****

2013年5月24日、午前10時
福井オキュパイ裁判報告
感動しながら聞いていたので、その分、手が止まっていました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
主任弁護人
 何の犯罪も成立しない。被告人は無罪である。

堀弁護人
 5つの公訴事実がある。

(1) 器物損壊について。

燃焼実験をすると、発煙筒の残骸と微粒子が残る。
車内ではそのような残骸物は採取されておらず、車内で発煙筒が燃焼したという証拠はない。
燃えた発煙筒が発見されたのは車外であった。電気系統の発火かもしれないし、事故かもしれない。

(2) 傷害罪について。

発煙筒が燃焼すれば、約1000度になる。
これを押しつければ、もっと重いやけどになるはずだ。
被害者は治療らしい治療を受けない程度のやけどであり、2週間で治癒する程度のやけどだった。
発煙筒の先端が触れた程度で、公訴の事実はない。

(3) 暴行について。

小さな小窓から、サイドスローで投げ入れたもので、たまたま警備員の身体に触れた程度である。
警備員を狙って行った行為だという証明がない。

(4)脅迫について。

「オラ、オラ、燃やすぞ」と言って発煙筒をかざしたことが脅迫罪に当たると言うが、
広く開かれた空間での事象であり、脅迫には当たらない。
脅迫罪が成立したという証拠はなく、立証は不十分である。


 被告人を犯人とするために、(1)目撃証人、(2)金子映像、(3)面割りを根拠にしている。

 ここで、裁判長が職員にメモを渡し、最後列に座っている傍聴人の席に行く。
原発反対のロゴマークが入ったTシャツを脱げと指示したようだ。
傍聴者はこの指示を拒否したので、裁判長は堀弁護人の発言を中止させ、職権を振りまわし、恫喝を加えて、
むりやりそのTシャツを脱がせることに「成功」したが、なんと、その下にも、今度はそれほど目立たない原発反対のロゴ入りのTシャツを着ていたのだ。
下に着ていたのは、このTシャツ。近づいてみると…
下に着ていたのは、このTシャツ。近づいてみると…

「再稼働反対」の文字。これには裁判長も、何も言わず…。
「再稼働反対」の文字が☆ これには裁判長も、気づいてか気づかずか、何言わず…。

 被告人も、裁判長の目の前にいて、同じTシャツを着ていたのだが、裁判長はそのロゴマークに気づかないはずがない。



 堀弁護人の発言が再開された。

 金子映像は表現の自由を規定した憲法に違反して押収した証拠であり、証拠能力はない。
電磁データは撮影から押収そして証拠提出までに「改ざんがない」という立証がなされていないので、証拠能力はない。
面割り写真は静止画であり、特定に制限がある。
20枚の写真の内、12番を選択する誘導がなされている。
面通しについても、警察に行く前にすでに予断が形成されており、しかも、5人の内4人が警察・警察OBで、年齢が若く、黒髪で、はじめから除外されるように仕組まれていた。
指図誘導があり、証拠能力はない。



 笠原弁護人は(1)金子映像の違法収集集証拠と(2)緊急避難行動についての発言が行われた。
 ジャーナリストが作成した映像(記事)については、最高裁でも報道の自由への影響が大きいから慎重に行うよう決定がある。
今回の事件には、原発再稼働という重大な政治的な背景があり、金子さんはマスメディアが伝えない情報を発信するという役割を担っていた。
作品の押収によって、金子さんのジャーナリストとしての活動が停止させられ、憲法21条に違反した証拠収集であり、証拠から排除すべきである。
 大飯原発の危険性は、一旦事故が起きれば修復できない事態が生起することは福島原発事故を見れば明らかである。
日本列島は地震列島であり、大飯原発にも直下に断層があり、大事故の現実的危険性が存在する。
大飯原発再稼働を阻止しようとする被告人らの行動には緊急避難行動が成立する。
 
 最期に被告人からの発言があった。

*****ここまで転載*****

川崎さんの意見陳述は、先に掲載した通りです。
こちらも、ぜひともじっくりじっくりお読みいただければと思います。

次回公判は、7月17日(水)11時 福井地裁にて。
いよいよ、判決です。
みなさまのご参集をお待ちしています。



スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://oikyuen.blog.fc2.com/tb.php/34-eaddae64

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

Live!twitter

プロフィール

大飯弾圧救援

Author:大飯弾圧救援
tel:090-8043-3558

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。